ニュース一覧

めがね

若い人も眼の衰えに注意

スマホ老眼には、遠くがぼやけるなどの症状があり、眼のピント調整を行っている毛様体筋の疲労が原因とされています。症状が見られる場合は、眼鏡の度を上げて対処するのではなく、眼科へ相談して正しい対処を行うことが重要です。

女の人

長時間見てはいけない

スマホなど携帯情報端末を長時間見ているとスマホ老眼になり、若い人でも手元が見えづらくなってしまい、加齢で起こる老眼のような症状が現れます。スマホ老眼を改善するためには眼を酷使しないようにするのが大切です。

メガネ

見えづらい症状への対処法

遠くのものが見えづらいと感じる場合は、スマホ老眼になっている恐れがあります。高齢者に多くみられる老眼ですが、若い人でもスマホを見続ける時間が長くなるとこの症状になってしまいます。定期的に操作をやめ目を休ませることが大切です。

シニア男性

生活習慣の改善で健康維持

スマホの普及により、若い世代が老眼の症状を訴えるようになりました。また、携帯ゲーム機やパソコンをつかっても同じ症状がおきています。スマホやゲーム機やパソコンを使う時には長時間使用をしない。休憩時間を必ず設定するなどの方法で改善します。

眼鏡

目が見えにくくなったら

スマホが原因で老眼の症状が出ることがあります。目を酷使しているということでもあるので、目を休めることも必要です。目のピントが合いにくくなったと感じたら眼科を受診して早期に対応をすることも大切になります。

若者も予防が必要です

婦人

一時的な症状も注意

今、長時間のスマホの使用で、目を酷使する若者が多い事が問題となっています。SNSを使う友達とのやり取りやスマートフォンのゲームなど、小さなスマホの画面で楽しめる事がたくさんあります。スマホ老眼で悩む若者は多く、老眼は年配の方だけが悩む症状ではない事を知り、目のケアをきちんと進める事が必要です。スマホ老眼の原因は、毛様体筋が凝り固まってしまい、ピント調整がうまくいかなくなることです。スマートフォンの小さな画面を至近距離で見続ける行為は、筋肉疲労を起こしやすくなります。若い世代のスマホ老眼は、文字がぼやけて見えるなど、症状が一時的なことが多いため、疲れ目と勘違いする事があります。しかし、目を酷使し続ける事で、焦点が合わない状態が続き、眼科で専門医に治療を受ける必要が出てきます。そうなる前に、きちんと目のケアを行い、スマホ老眼の予防を進めていく事が大切です。一番重要なことは、スマートフォンを使う時間を決めて、定期的に休憩することです。スマートフォン操作の後に、すぐにパソコンを使い始める方も多く、休憩にならないため、目をしばらく閉じたり、遠くの景色を見たりして、筋肉の緊張をほぐす事をおすすめします。ピント調整機能を改善する成分が含まれた目薬をさすことで、毛様体筋の緊張状態を和らげていく事ができます。いろんな種類の目薬があるため、スマホ老眼の予防を考えて、成分にもこだわった商品選びを進めていく事も重要になります。

Copyright© 2018 スマホ老眼にならないために【筋肉の緊張をほぐす事をおすすめ】 All Rights Reserved.