ニュース一覧

長時間見てはいけない

女の人

日頃から心掛ける事

老眼というと40代後半で自覚症状が現れ、加齢に伴って現れる症状ですが、近年では20〜30代でも老眼のような症状を感じる人が多く、この原因はスマホによる影響が考えられています。勤務中も仕事が終わってもメールのチェックや情報収集、若い世代はゲームをすることも多いので常にスマホを見ている状態が続きます。そのため夕方になると見えづらくなったり、手元は見にくいというような老眼に似た症状で悩んだりする若者が増えており、これはスマホなどの携帯情報端末を長時間使ったことが原因で、このような症状の事をスマホ老眼と言います。一般的な老眼と症状は同じで眼のピントがスムーズにできない事が原因ですが、スマホ老眼の場合には症状は一時的で疲れなどの度合い等でも見え方も異なります。スマホ老眼を改善するには眼を酷使しない事が大切で、そのままにしておくと見えにくくなるため頭痛や肩こり、集中力の低下を招いてしまいます。眼を酷使しないためにはスマホを見る時には眼から40?以上離して見るように心がけ、一定時間見たら10〜15分程度の休憩を取るようにしましょう。また眼の乾燥を防ぐために意識的に瞬きを行い、眼に疲れを感じたら眼の周りを温めてあげると血行が良くなり毛様体筋の緊張をほぐすことができ、これはドライアイ対策にもなります。毛様体筋をほぐすためには目薬を活用することが効果的で、このようなことを日頃から行うことでスマホ老眼を改善することができます。

Copyright© 2018 スマホ老眼にならないために【筋肉の緊張をほぐす事をおすすめ】 All Rights Reserved.