ニュース一覧

生活習慣の改善で健康維持

シニア男性

過度なゲームは健康に悪い

スマホが普及した結果、目の健康を損なうリスクが大きくなりました。いわゆるスマホ老眼と呼ばれる症状が知られるようになりました。老眼とは、40代後半になると加齢によりピント機能を調節している毛様体筋が衰えた結果起きる症状を指す言葉になります。加齢に伴う症状なのであ40代前半より若い世代には無縁の物と考えられていました。しかし、スマホが普及し社会に定着した頃から老眼から無縁であった世代がその症状を訴えることが多くなりました。原因は長時間にわたりスマホを凝視することで毛様体筋に負担がかかりそれが硬くなってしまい、ピントを調節することができなくなることにありました。加齢による老眼は根本的な治療方法は存在しません。しかし、スマホ老眼は生活習慣を見直すことで改善することができます。根本的な原因は長時間スマホを使い続けることになります。そこで、使用する時間を一定時間に決めるようにします。その上で定期的に休憩を取ります。そして、目のストレッチを行うことで毛様体筋が硬くしないようにします。それらを繰り返すことでスマホ老眼の症状は改善に向かいます。さらに、即効性のある改善方法はスマホを使わないことです。スマホを使うことでスマホ老眼をまねくのですから使わなければこれらの症状が発症することはありません。ちなみに携帯ゲーム機やパソコンを使用する時も長時間で使用すると同じリスクが発生します。その場合も一定時間の休憩時間を必ず取る。そして目のストレッチをすることで症状を改善することができます。

Copyright© 2018 スマホ老眼にならないために【筋肉の緊張をほぐす事をおすすめ】 All Rights Reserved.