ニュース一覧

目が見えにくくなったら

眼鏡

最近多い症状

スマホを使う人が多くなっています。暗いところでもスマホを使うということもあるでしょう。しかし暗いところで使うとスマホの照明が目に悪影響を与えると言われています。またスマホを見ている時の姿勢も気にしたほうがよいでしょう。あまりにもスマホとの距離が近いと目に負担がかかってしまいます。この負担が蓄積されて、老眼に似た症状が出ることがあります。これがスマホ老眼です。目のピントが合うまでに時間がかかってしまい、見にくくなってしまうという症状です。年齢を重ねるとどうしても老眼傾向になってしまいますが、スマホを頻繁に使うことにより、老眼の症状が出るまでの年齢がどんどん早くなってきています。眼科でも対応をしてくれるので、ちょっと目が見えにくくなった、ピントが合うまでにちょっと時間がかかるようになった、と感じたのであれば眼科を受診するとよいでしょう。その眼科の選び方にも注意が必要です。スマホやパソコンを使うのは当然のことですし、特にパソコンは仕事でも使うことが多いでしょう。その使用を控えなさいという眼科医もいますが、使用を控えることは困難です。ですから患者の気持ちをしっかりと配慮してくれる眼科を探して受診をすることが大切です。また自分での予防策として、暗いところではパソコンやスマホを使わないようにする、ということが大切です。夜寝る前に見るのも好ましくはないので、目を休めるということも考えて使うことも必要です。

Copyright© 2018 スマホ老眼にならないために【筋肉の緊張をほぐす事をおすすめ】 All Rights Reserved.