ニュース一覧

見えづらい症状への対処法

メガネ

普段からの心がけが大事

高齢者に特有の症状と考えられていた老眼ですが、最近は若い人の間でも同様の症状に悩まされる人が増えています。その原因は、若者にとって必須のアイテムとなっているスマホにあります。スマホにはネットやゲーム動画といった、魅力的なコンテンツが豊富に備わっています。そのため時間を忘れて見続けることも多く、目にとっても大きな負担です。同じ距離にあるスマホの画面を見続ける時間が長くなると、目のピントを合わせる筋肉も固定されてしまいます。その結果、遠くのものにピントを合わせづらくなり、場合によっては日常生活に支障をきたすようになります。こうした症状を防ぐには、普段からスマホの使い方に気をつけることです。画面を見続けることが老眼の原因であるため、一定時間ごとに操作をやめ、目を休ませるようにします。特にゲームや動画などは時間を忘れて楽しんでしまうため、アラームをかけるなどして強制的に目を休ませるようにしましょう。目への負担を減らすために、スマホを使う時は一定の距離以上離すとったことも有効です。目にいいと言われる食材をとることで、スマホ老眼を改善することもできます。ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンは、昔から目にいいことで知られる食材です。ジャムなどから摂取できる他、アントシアニンを含むサプリメントを活用する方法でも効果的です。ビタミン類も目を守るために欠かせません。ナッツなどに多く含まれるビタミンEは、目の老化予防に効果があります。レバーやうなぎなどに含まれるビタミンAも、目の粘膜を保護したり光を感知する成分を作り出したりするのに役立っています。いずれも普段の食事から摂ることができるものばかりですが、難しい場合はサプリメントを活用すると効率良く補充しスマホ老眼対策ができます。

Copyright© 2018 スマホ老眼にならないために【筋肉の緊張をほぐす事をおすすめ】 All Rights Reserved.