ニュース一覧

若い人も眼の衰えに注意

めがね

間違った対処をしない

最近、スマホの使い過ぎなどの理由により「スマホ老眼」と呼ばれる症状を持つ20〜30代の若い人が増えていると言われています。スマホ老眼の主な症状としては、スマホを見た後に遠くを見るとぼやけたように見えてしまうという症状や、近くの文字などが見えにくくなる症状などが知られています。原因に関しては、眼の水晶体の厚みを変えることでピント調整を行うという働きがある毛様体筋と呼ばれる部分への負担が挙げられます。スマホを近距離で長時間眺め続けていると、毛様体筋が常に働き続けて疲れ果ててしまい、ピント調節が正常に機能しなくなってくるということです。また若い人ほど、長時間近距離のものを眺め続けると、近いピントに毛様体筋が固定されるという調整緊張と呼ばれる状態になりやすいと言われています。スマホ老眼の対策としては、とにかく長時間のスマホ利用は控えるということになりますが、遠くがぼやけるなどの症状が現れた場合は眼科へ相談するのが賢明でしょう。遠くがぼやけて見えると単純に目が悪くなってしまったと考えがちであり、眼鏡の度を上げてみるという対処を行う人も多くいます。しかしこの対処法は間違いであり、一時的に遠くが見えやすくなるものの、毛様体筋への負担はさらに大きくなり老眼状態になってしまう恐れがあります。そのため、間違った対処をしないためにも眼科を受診することは必要であり、目薬を使ったスマホ老眼の治療などを受けることが重要でしょう。

Copyright© 2018 スマホ老眼にならないために【筋肉の緊張をほぐす事をおすすめ】 All Rights Reserved.